がんセンターについて

診療部の紹介 -腫瘍内科-

診療部の紹介

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > 診療部の紹介 > 腫瘍内科

腫瘍内科

診療カレンダー

 
腫瘍内科 1診 松本(光)・朴 柴田 松本(光) 尾上・柴田 松本(光)・尾上
2診 尾上

概要

近年のがん薬物療法の進歩の結果、臨床腫瘍学の知識を背景として、薬物療法を中心に臓器横断的に各種悪性腫瘍の診療を行う、抗悪性腫瘍薬に精通した腫瘍内科医の必要性が高まってきました。一方で、本邦では従来、がんは多くの場合外科医などの臓器別専門医が中心となって薬物療法も含めて治療されてきた経緯があり、腫瘍内科を設置している病院は全国的にもまだ少ないのが現状です。
当科は、がんの検査、治療、研究を行う当センターにおいて、がん薬物療法を専門的に扱う診療科として、平成17年4月に新設されました。平成24年4月からは、専従医師4名、専任医師1名、フェロー1名、専攻医1名の体制で診療を行っています。また、当科医師が外来化学療法室の室長と副室長を兼務しています。

特徴・特色

以下の3つを科の目標としています。

(1)固形がん全般に科学的根拠に基づいた標準治療を提供する
(2)現存の標準治療をより向上させるべく臨床試験に積極的に取り組む
(3)次世代の腫瘍内科医を育成する

(1)に関して、成人の固形がん全般に対し、臓器横断的に、がん薬物療法を中心とした専門的な診療を行っております。科学的根拠に基づき(=EBM:evidence-based medicine)、それぞれの患者様に最適と思われる治療方針を提案させていただきます。詳細な病状と治療による利益、不利益を説明の上で、患者様やご家族とよく相談し、同意をいただいた後に治療を進めてまいります。がん薬物療法に関しては、患者様の生活の質(=QOL:quality of life)を保つことも大切な要素の一つであるため、支持療法(=副作用対策)、緩和ケア(=がんによる症状を和らげる対症療法)を十分に行います。安全性に十分配慮しながら、可能な限り外来でがん薬物療法を行うように心がけています。また、チーム医療を推進すべく、週に一度、全ての入院患者様を対象とした総カンファレンスを、看護師、薬剤師も参加の上で行っています。

(2)に関して、新規薬剤(分子標的治療薬を含む抗悪性腫瘍薬、支持療法薬)の開発治験や、本施設単独並びに多施設共同の臨床試験にも積極的に参加しています。

(3)に関して、腫瘍内科フェロー、専攻医を積極的に採用し、研修に力を入れています。
(詳細は下記、別項参照)

当科を受診される方へ

受診の際には、基本的に現在の主治医の先生からの紹介状が必要です。また、紹介状に加えて画像データ(X線、CT、MRIなど)や病理標本などの資料が必要になることもありますので、事前に主治医の先生とどのような資料が必要かよくご確認下さい。また、現在投薬を受けている場合は、紹介していただく主治医の先生の投薬内容はもちろん、複数の医療機関を受診しているときは、全ての医療機関の投薬内容がわかるお薬手帳や処方箋をご持参下さい。

当科を受診される方へ

紹介元の先生方へ

基本的に、がん種を問わず、臓器横断的に成人の固形がん全般のがん薬物療法を担当させていただいております。症例数の多い腫瘍はもちろん、原発不明がんや肉腫など稀な腫瘍に対しても積極的に診療を行っております。症例によっては、必要に応じて、臓器別各内科、外科と連携して検査、診療に当たらせていただきます。診療予約枠に地域医療連携枠を設けておりますので、ご紹介頂く際にはご活用下さい。セカンドオピニオンも基本的に固形がん全般に対応し、随時受け付けております。

腫瘍内科に興味のある医学生、研修医、後期研修医、その他若手の先生方へ

上記目標にも掲げたように、当科は開設以来、次世代の腫瘍内科医を育成することに力を注いでいます。がん薬物療法専門医取得を目指して、日本臨床腫瘍学会作成「がん薬物療法専門医のための研修カリキュラム」に沿った研修を行っています。各種の資格取得に加え、当科での研修の目標を以下の様に位置づけています。

(1)悪性腫瘍全般の標準治療を理解し、全ての固形がんの化学療法を実践できる
(2)化学療法による様々な有害事象に、適切に対応できる
(3)初診から治療方針決定、治療終了まで、がんチーム医療の舵取り役を担える
(4)緩和ケアにも精通し、がん患者様に対して適切な医療面接の技術を持つ
(5)各種臨床研究に携わり、学会、論文など学術発表の場を持つ

当科では、全入院患者様の病状、治療方針について、医師同士で、毎日議論する場を設けており、様々な意見を聞くことで病態や治療に関して理解を深めることが可能です。また、腫瘍内科医たる前に、優れた内科医であるために、臨床腫瘍学のみならずその土台となる一般内科学や感染症診療にも力を入れた研修姿勢を大切にしています。研修期間中、希望に応じて、院内各科へのローテーションや他の兵庫県立病院での研修が可能です。さらに、国内の他の最先端施設への国内留学の実績もあり、希望に応じて相談が可能です。当科での研修に関して、興味をお持ちの方は以下のページよりお気軽にお問い合わせ下さい。随時、見学を受け付けております。

医師・専攻医・フェロー募集

専攻医のページ

スタッフ

スタッフ 資格等 主な所属学会
根來 俊一
部長
(化学療法担当)
腫瘍内科部長
1974年卒
日本臨床腫瘍学会功労会員 日本臨床腫瘍学会
日本肺癌学会 特別会員 日本肺癌学会
日本癌治療学会
日本癌学会
日本内科学会認定医 日本内科学会
日本呼吸器学会指導医兼専門医 日本呼吸器学会
日本呼吸器内視鏡学会指導医兼専門医・特別会員 日本呼吸器内視鏡学会
ASCO
ESMO
IASLC
松本 光史
腫瘍内科医長(診療科長)
1999年卒
日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法
専門医・指導医・評議員
日本臨床腫瘍学会
日本乳癌学会認定医 日本乳癌学会
日本婦人科腫瘍学会評議員 日本婦人科腫瘍学会
がん治療認定医 日本癌治療学会
日本内科学会認定総合内科専門医 日本内科学会
日本人類遺伝学会
ASCO
柴田 祥宏
腫瘍内科医長
2004年卒
日本内科学会認定医 日本内科学会
がん薬物療法専門医 日本臨床腫瘍学会
日本乳癌学会
日本血液学会
尾上 琢磨
腫瘍内科医長
2007年卒
がん薬物療法専門医 日本臨床腫瘍学会
日本内科学会認定医 日本内科学会
日本頭頸部癌学会
禁煙認定専門指導者 日本禁煙学会
稀少腫瘍研究会
ASCO
がん治療認定医
朴 将源
腫瘍内科医長
2009年卒
日本内科学会認定医 日本内科学会
日本血液学会
日本乳癌学会
日本臨床腫瘍学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本呼吸器学会
ASCO

2014年7月