がんセンターについて

診療部の紹介 -婦人科-

診療部の紹介

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > 診療部の紹介 > 婦人科

婦人科

診療カレンダー

 
婦人科 1診 須藤 山口 長尾 長尾 山口
2診 森本 山本(香)
三輪
中江・小菊 松村 小菊
3診 塩崎 森本 松村 山本(香) 三輪

概要

 当科のおもな役割は婦人科がん患者さんの診断、治療です。初回の治療はもちろん再発がんに対する治療や緩和医療にも取り組んでいます。私たちはできるだけ広い視点で治療法を考えることで「患者さん一人一人にとって最適の治療を提供すること」を目指します。また、ガイドラインに沿った標準的治療の一歩先を行く最新の治療も積極的に取り入れ、できる限り多くの選択肢を提供していきたいと考えています。手術内容や重症患者さんの治療方針は週2回行われるカンファレンスの場で婦人科医師全員の意見を出し合って決めます。また、放射線科や腫瘍内科など幅広い診療科の専門医の意見も取り入れています。
 婦人科悪性腫瘍とその前癌病変が診療の対象です。主な対象疾患は以下の通りです。

子宮頸癌および子宮頸部異形成
子宮体癌および子宮内膜増殖症
卵巣癌・卵管癌・腹膜癌
卵巣境界悪性腫瘍
絨毛性疾患(胞状奇胎を含む)
外陰癌
膣癌

私たちはこれらの疾患に対する手術、抗がん剤治療を提供します。放射線治療が必要な場合には婦人科に入院、あるいは外来通院しながら放射線治療科に依頼して治療を行います。

当科を受診される方へ

 がんセンターの使命は、がんの診断がついた患者さんの治療、あるいはがんの疑いが濃い患者さんの診断を行うことです。そのため、外来の受診は紹介状をお持ちの患者さんに限らせていただいています。心配な症状がある場合には、まずお近くの産婦人科を受診してがんの疑いがないかどうかの診察を受けてください。がんの診断または疑いがある患者さんは、紹介状をもらって予約を取った上で受診してください。無症状の方のがん検診は行っておりませんのでご了承をお願いいたします。

 私たちは治療を進めるにあたって患者さんご本人およびご家族に治療内容とそのメリットとデメリットを理解していただくことが非常に重要と考えています。客観的な情報をもとに納得いただけるまで詳しく説明させていただきます。疑問な点がある場合にはご遠慮なく担当医にお尋ねください。

 セカンドオピニオンにも積極的に取り組んでいます。当科の医師の意見をお聞きになりたい場合には担当の先生にご相談の上、セカンドオピニオン外来のご予約をいただきますようにお願いいたします。

当科を受診される方へ

紹介元の先生方へ

 ご紹介いただいた患者さんは必ずお受けするように心がけています。合併症のある 方や婦人科がん以外の悪性腫瘍の可能性がある場合にもご遠慮なくご紹介ください。必要があれば責任を持って適切な診療科、医療施設に紹介させていただきます。

 患者さんの増加に伴い、特に初期がんや前癌病変など再発の可能性が極めて低いと思われる方の治療後の経過観察を近隣の先生方にお願いする場合があります。何かあれば直ちに責任を持って対応させていただきますので、何とぞご協力をお願いいたします。

 先生方とともに学び、親睦を深めるため、年1回「がん診療連携懇話会」を開催していますのでぜひ、ご出席をお願いいたします。

研修をご希望の先生方へ

 当科は年間300例前後の婦人科悪性腫瘍の患者さんの手術、化学療法、放射線治療を行っており、全国有数の婦人科がん診療施設です。特に手術および化学療法は非常に多くの経験を積むことができます。現在、初回治療、再発ともに手術および化学療法はすべて自科で行っていますが、放射線治療は放射線科に依頼しカンファレンスで方針を話し合いながら一緒に治療を進めています。多くの国際共同臨床試験や国内の多施設共同臨床試験に参加しており、臨床試験についても学べます。院内で独自の臨床研究も多数行っており、研修期間中に少なくとも1課題はプロトコルの作成から運営、学会報告、論文作成までを経験してもらっています。意欲のある先生はトランスレーショナルリサーチも行う体制が整っています。このように臨床面のみならず研究面でも十分な修練を積むことができます。婦人科腫瘍専門医を目指している先生方は論文作成も含めて責任を持ってサポートします。

 トランスレーショナルリサーチ(TR)について
 TRとは基礎研究で見いだされた成果を臨床医学に応用し、新たな医療(未来医療)を構築するための橋渡しとなる研究を言います。近年発展著しい分子標的治療はTRの賜物と言えるでしょう。兵庫県立がんセンターには研究部ならびにバイオバンク室(研究部長は婦人科兼任)が設置されており、大学研究室に勝るとも劣らない設備・検体試料を有しています。がん医療最前線であるがんセンターならではのTRにチャレンジしてみませんか?研究経験がなくとも懇切丁寧に指導いたしますのでご安心ください。

 現在進行中の婦人科関連の研究
① HPV非関連子宮頸がんの分子基盤の解明
② 子宮頸部細胞診自動化システムの開発((株)シスメックスとの共同研究)
③ MPA療法のバイオマーカー探索

 当科では出身大学や医局に関係なく幅広い人材を求めています。現在在籍しているメンバーも出身大学、医局は多岐にわたっていて偏りはありません。少しでも興味のある方はお気軽に見学にお越し下さい。見学のご希望の方は、<採用情報>のお問い合わせフォームから婦人科山口または長尾あてにお問い合わせください。専攻医、フェローの募集の詳細も<採用情報>で確認できます。

スタッフ

スタッフ 資格等 主な所属学会
藤原 潔
婦人科部長
1984年卒
日本産科婦人科学会認定医 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・評議員 日本婦人科腫瘍学会
日本癌学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本癌治療学会
日本臨床細胞学会細胞診指導医・評議員 日本臨床細胞学会
International Gynecologic Cancer Society
日本産科婦人科内視鏡学会
山口 聡
婦人科部長(診療科長)
1990年卒
日本産科婦人科学会認定医・指導医 日本産科婦人科学会
日本がん治療認定医機構暫定教育医・ がん治療認定医 日本癌治療学会
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・ 評議員 日本婦人科腫瘍学会
母体保護法指定医
長尾 昌二
婦人科部長
1993年卒
日本産科婦人科学会専門医・指導医 日本産科婦人科学会
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医 日本癌治療学会
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・評議員 日本婦人科腫瘍学会
日本産科婦人科内視鏡学会
American Socitey of Clinical Oncology
International Gynecologic Cancer Society
臨床遺伝専門医 日本人類遺伝学会
須藤 保
研究部長
婦人科部長
1994年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本癌学会
アメリカ癌学会(AACR)
塩崎 隆也
婦人科医長
2002年卒
日本産婦人科学会専門医 日本産婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会腫瘍専門医 日本婦人科腫瘍学会
日本臨床細胞学会細胞診専門医 日本癌治療学会
日本臨床細胞学会
日本産科婦人科内視鏡学会
森本 明美
婦人科医長
2006年卒
日本産婦人科学会専門医 日本産婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本癌治療学会
日本臨床細胞学会
三輪 真唯子
婦人科医長
2007年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本癌治療学会
日本臨床細胞学会
山本 香澄
婦人科医長
2008年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本癌治療学会
  日本婦人科腫瘍学会
  周産期新生児医学会
小菊 愛
婦人科医長
2009年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
松村 聡子
婦人科フェロー
2004年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本女性医学学会専門医 日本女性医学学会
中江 彩
婦人科フェロー
2011年卒
日本産科婦人科学会
山本 紗弥
婦人科フェロー
2011年卒
日本産科婦人科学会

2015年6月